中央会概要

JA富山中央会組織図

JA富山中央会は、JA・連合会の健全な発展を図ることを目的とし、県内JA・連合会を会員として、JA・連合会への様々な支援、農政運動や広報活動、 また組合員・役職員の人材育成をはかる事業を展開しています。

JA富山中央会組織図

JA富山中央会の特徴

 当会は、会員の意志に基づく組織として設置され、富山県JAグループの結集軸として位置づけられている非営利法人です。
このため、当会はJAの事業や経営を支援するとともに富山県農業の振興を図るために様々な事業を行っています。
 また、現在当会は、農業・JAを取り巻く情勢と課題を踏まえ、「農業者の所得増大」のために、担い手サポート機能の充実や低コスト生産技術の確立や物流コストの低減等に取り組んでいます。
 併せて、生活インフラ機能の発揮、地域コミュニティの活性化等による「地域の活性化」にも取り組み、「食と農を基軸とした地域に根ざした協同組合」を確立するため様々な取り組みを実践しています。

事業概要

JAの事業や経営を支援するとともに富山県農業の振興を図るため、当会の会員である県内のJAを対象に、

  • 組織、事業および経営の支援
  • 各種情報提供
  • 役職員に対する教育
  • 県内農業の振興に関する支援

などの事業を行っています。

また、富山県JAグループの代表として、

  • 国や県の農業政策に対して農家の意思を反映させるための農政活動
  • 消費者に対する食料・農業・JAに関する広報活動

などの事業も行っています。

なお、これらの事業は(一社)全国農業協同組合中央会(JA全中)などのJAグループの多くの団体と連携をとって行っています。

事業部紹介

総務企画部

当会の管理部門として現業部門をサポートしています。

農業対策部

JAにおける農業振興のための計画策定とその実践や農業の担い手の育成を支援するとともに、 JAが組合員に対して行う営農指導に関する支援とJAの営農指導担当者に対する研修を行っています。
また、高齢者福祉活動など組合員の生活を支援するJAの活動に対して支援しています。
さらに、国や県の農業政策に関してJAグループを代表して政策提言を行うとともに農家の要望を反映させるための農政活動を行っています。
また、富山県産農畜産物の消費拡大に取り組むとともに、食料・農業やJAの活動に関して消費者の理解を得るための広報活動を展開しています。

組織経営対策部

JAの運営に関係する法令およびJAの決算・経理・人事労務などに関する指導や研修を行うとともに、 JAの経営の改善・高度化に向けた研修や経営に関する諸調査を実施しています。
また、JAのコンプライアンス態勢の整備やJAの合併などを支援しています。
さらに、組合員の世代交代への支援や組合員の加入促進の取り組みなどJAの組織基盤強化のための支援を行っています。

農業総合研修所

JAの役職員に対する教育研修の企画や農業者教育の実施について支援しています。また、JAの役職員を対象に各種の研修を体系的に実施しています。

組織概要

設立
昭和29年10月
代表者
代表理事会長 伊藤 孝邦
事務所
富山市新総曲輪2番21号 富山県JA会館内
(他に富山市月岡地内に教育研修施設として「富山県農業総合研修所」があります。)
職員数
26名
その他
当会は15JA(農業協同組合)および4連合会を会員として、会員からの会費(賦課金)によって運営されています。
Page Top